So-net無料ブログ作成
食べ物 ブログトップ
前の5件 | -

ちゃーしゅーや武蔵(長野市) [食べ物]

 以前この場所にあった「手打ちラーメン 珍来」がお気に入りでした。閉店も知らず、ましてや新規店舗のオープンも知らないくせに、と言われますがいくらお気に入りでも早々は通わないですよね。
 聞くところによると珍来さん、近所にできた食べ物屋さんに客足が鈍りラーメンを作る意欲が無くなってしまったが故の閉店だとか。あそこの蕎麦はぞんなに美味いかなぁ・・・。
 でもって、「ちゃーしゅーや武蔵」に鞍替えとなりました。前オーナーとはなんの関係もありません。新潟で見かけたようなお店。調べるとやはり本部が新潟でした。


関連ランキング:ラーメン | 今井駅



 辛味噌をいただきました。
麵が妙な太さ、太麺でも中細でもない、そしてごわごわな食味。それがあっさりというより薄めのスープと合いません。ていうか出汁が足りない?香りは「魚」が一瞬。「げっ」と思いましたがそれ以降気になりません。乗っかっている辛味噌「玉」を溶いてようやく人並みの味。トッピングというのは基準の味が出来上がった上の「味増し」や「味変え」のイメージがありました。が、ここのそれは客が自分で完成させるための「調味玉」のようです。
 最後までぼんやりした味のラーメンでした。
う〜ん、次は無いな・・・。目の前に味噌ラーメンの代表店あるし。
140918_124005.JPG

 それにしても客が来る来る。新規店大好きだもんな。お客さんが一巡したあとが本当の勝負でしょうね。ごちそうさま。

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さあ、リンゴの季節の始まりです [食べ物]

 道々のリンゴがどんどん色づいていきます。今年最初のリンゴはこの二品から。
RIMG0034.jpg
 大きいりんご、といってもリンゴとしては小ぶりです。
名前は「さんさ」。ニュージーランド生まれのハーフ 「ガラ」×「あかね」の交配種、9月いっぱいの限定です。
 おつぎは「アルプス乙女」。「ふじ」と「紅玉」の偶発実生種だそう。リンゴ飴にいいですね。生食でも、当然美味です。
RIMG0035.jpg
 町のスーパーではリンゴは「リンゴ」で販売されることも多いですが本当は品種がたくさん。食感も甘さも違います。千葉にいたときもせいぜい「陸奥」とか「ふじ」くらいしか知りませんでした。
 自分の好みを探すことも楽しい。でも私の好みは柔らかめ、王林やジョナゴールド。これらは傷みやすく商品価値がすぐ下がるので農家のヒトには敬遠されているそうな。残念。
 ですからこの時期お好みを探して直売所へ行くのです。
 興味のある方はこちらで勉強。スーパーのリンゴ選びも楽しくなりますよ。
DHC旬の食材百科
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帰省中のお題をいくつか(石窯パン工房 ル・マタン) [食べ物]

 実家からはちょっと距離がありますが、朝は7時から営業と「正しい」パン屋さんです。
ル・マタンのHPへ
RIMG0024.JPG
お気に入りは「超ロングウィンナー」と「カレーパン」。さすがに朝からのお客さんはちらほら。
 でもテラス席の争奪戦を車の中から拝見しました。

 コーヒーが無料なので運転手はゆったり待ってます。
RIMG0028.jpg

 これが噂の超ロングウィンナー、497円也。1mくらいはあるでしょうか?
RIMG0044.jpg
 
 けっしてキワモノではなくパンもソーセージも美味しい。
この店のいいところのひとつは「開店時にすべてのパンが焼き上がっていること」でしょうか。
 開店で飛び込んでも売れ筋は11時!なんて平気なパン屋さんが多いもの。

「 朝一番早いのはパン屋のおじさん 」にふさわしいパン屋さんでした。
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラーメン久しぶり(浙江亭/支店) [食べ物]

 久しぶりに食事に出ます。
須坂市は長野のおとなり、インター越えればすぐです。
 今日はちょっと調べて初めてのお店へ。実は狙っていた餃子やさんが定休日だったのです。
140709_131841.JPG
 浙江亭(せっこうてい)と読みます。中国に浙江省という場所があるのでそれが由来でしょうか。
なんでも「本店」と「支店」がありますが近くの支店へ参ります。

 普通のむかしからあるラーメン屋さん。ただし「米」が一切ありません。それと昼には「餃子」をオーダーすることができません。残念。

 私は五目ラーメン、妻は五目ワンタン麵をいただきしました。麺類なら何でもござれのラインナップ。冷やしもありましたね。
 豚骨ベースでしょうか、懐かしくも不思議なお味。美味しいです。
麵はまるで「ハウスのたまごめん」のよう。
味噌ラーメンもこの麵なのかな?

 お店は次々と常連がやってきては「ラーメン 大盛り」をきまって頼みます。あ、ビールも。

 常連さんと新参者への扱いの温度差を感じますが、私は話をしに来たのじゃないので一向に。
フレンドリーさが欲しい方は「本店」の接客が優しいそうな。伝聞ですけどね。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸楽苑のはす向かい、日の出のおとなり、大連飯店(長野市) [食べ物]

 知らぬ間に出店ラッシュ。食べ物屋さんは不況に強いのは、本当ですか?

 さて大連飯店です。6月16日にオープンし、その一週間後くらいに行って来ました。
140625_131917.JPG
以前は「ピザ・ハット」だったトコロですね。駐車スペースもお店の前に数台。
 11時30分過ぎでしたが、拍子抜けするくらいガラガラでした。

 新規開店が大好きな長野市民にしては珍しいことです。

 中華風の看板の色使いといい、スタッフの片言といい、「台湾」系の中華グループのようにもみえますが、メニューがちょっと違う感じ。
 ランチは780円、数種類のなかから選びます。例えば「唐揚げ定食」「酢豚定食」「白身魚のあんかけ定食」「麻婆茄子定食」など。ラーメンの定食がひとつありましたね、塩味だったかうろ覚えです。

 定食は「サラダ」と「スープ」がお好きなだけどうぞ、のビュッフェスタイル。
当日は卵スープでした。美味しかったですよ。
 定食は「酢豚」と「白身魚の云々」を。餡がちょっと重たいのを除けば結構なお味でした。

 一品料理も豊富、麺類もスタンダードなものの他にあんかけ焼きそばもしっかりあって、長野向けになっていました。

 台湾系が幅をきかせるこの世界ではちょっとだけお高く感じるのは致し方ないのでしょうか。

今度は麺類にも挑戦してみます。
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 食べ物 ブログトップ